コレステロールを食事で下げる|HAPPYでヘルシーなメニュー

健康食品

サプリメントの活用

ウエスト周り

人気のサプリメント

健康診断でコレステロールの数値が高いと指摘された場合には、すぐに現在の食生活を見直してコレステロールを下げるための食事を摂ることが大切です。特に症状を感じないからといって放置してしまうと、動脈硬化を引き起こし、心筋梗塞、脳梗塞、大動脈瘤などの命に関わる病気を発症するリスクが高まってしまいます。コレステロールの数値を下げるための食品には、大豆製品、緑黄色野菜、海藻類、きのこ類、根菜類などがありますが、毎日の食事の中で特に積極的に摂りたいのが青魚です。青魚にはコレステロールを下げるのに有効なDHAやEPAが豊富に含まれています。しかし、食事から摂取できる量だけではコレステロールを下げる効果が十分でないことから、最近では効率的にDHAやEPAなどの有効成分を摂取できるサプリメントが人気を集めています。

毎日欠かさず摂取

DHAやEPAのサプリメントを摂取する際には、体によい成分だからといって1度にたくさん飲むことはせず、毎日決められた量を飲み続けることが大切です。飲んだり飲まなかったりとむらが出ないように、食事の後や出かける前など毎日決まったタイミングで欠かさず飲むように工夫しましょう。また、サプリメントを摂取している時にも、コレステロールの数値を下げる生活習慣は続けることが重要です。バランスのとれた食生活はもちろんのこと、ウォーキングや踏み台昇降などの脂肪を燃焼させる適度な運動を生活に取り入れたり、たばこやお酒なども極力控えるようにすることで、コレステロール値の改善につながります。コレステロールの数値が下がりにくい場合には、医師と相談して薬物療法も併用するとより効果的です。