コレステロールを食事で下げる|HAPPYでヘルシーなメニュー

ドラッグ

サプリメントの活用

ウエスト周り

コレステロールの数値を下げるには、毎日の食事の中でDHAやEPAを豊富に含んだ青背魚を食べる必要がありますが、有効成分を効率的に摂取できるサプリメントが人気です。サプリメントは決められた量を欠かさず飲み続け、生活習慣の改善も同時に行うように注意しましょう。

Read More

無理なく選べます

カーテン

コレステロールを下げる食事は、様々な料理があり、好みにあわせて選べます。できるだけ早い段階で、食事を改善すれば健康に役立ちます。コレステロールが高いままだと、病気になる可能性が高く高額な費用が必要になることもあり得ます。コレステロールを下げる食事を利用すれば、結果的に節約につながります。

Read More

LDLを落とすには

お腹

コレステロールには悪玉と善玉があり、悪玉コレステロール(LDL)の数値が高いと様々な病気を引き起こすため、コレステロール値を下げる必要があります。下げるためには、食事を工夫する、運動をする、サプリメントをとる、薬物治療をするなどの方法がありますが、もっとも基本となり重要なポイントとなるのが食事です。食事のときには、コレステロールを下げる働きをする食品や、吸収を阻害する食品をとるようにしましょう。下げる働きのある食品の代表的なものが青魚に含まれるDHAやEPAです。他にも、トマトに含まれるリコピンや、アブラナ科の野菜に含まれるSMCSとよばれるものなどがあります。ただし注意したいのが、どれもとりすぎは禁物ということです。必要以上に摂取すると体に害を及ぼすこともあるので、必要量を把握し過不足なく摂取することを意識しましょう。

コレステロールを下げるために有効な食品には様々なものがありますが、逆にコレステロールがあがりやすい食品も多くあります。代表的なものがレバー、生クリーム、バター、プロセスチーズ、うなぎ、魚卵などです。こうした食品を避けることも有効な手段です。また、かつては卵もとりすぎはよくないとされていましたが、近年の研究ではそうではないということがわかっています。逆に悪玉コレステロール値をさげ善玉コレステロール値をあげる働きがあるため、1日に1〜2個摂取しても問題ありません。また、食品を選ぶだけでなく、食事の際に酢を使うようにすると吸収されにくくなるという効果があります。酢の物などの脂肪分を使わない料理を摂取するようにするとさらに効果的です。

規則正しい食生活

運動

コレステロールを下げるためには、卵黄やししゃもなど、多く含まれている食材を控える事が必要です。肉類や乳製品を食べる前には、抗酸化物質が含まれた食材を摂る事で、コレステロールの吸収を抑える事が可能です。バランスの良い食事を心がけ、健康に気をつけるようにしましょう。

Read More